00000000
【墓】_(´Å`_)....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Game Meca] 個性強い騎士団が来る、マビノギ新規チャプター 8月オープン

2012年から約 2年間進行された「マビノギ」5番目チャプター「ドラマ」は 「ルエリ」、「タルラーク」など初期に活躍したキャラクターを再照明して、これらの物語を仕上げるというコンセプトに進行された. これらの「ドラマ」は過去の話を一段落して、プレイヤーが新しい世界の扉を開きながら幕を閉じた. そして来る 8月 13日、その実体が公開される. まさに「ドラマ」の後を引き継いだ「マビノギ」の 6番目チャプターがオープンされるのだ.

ネクソンは来る 7月 26日に開かれる「マビノギファンタジーパーティー」を通じてこれに対する詳細な情報を公開する. ゲームメッカはその前に「マビノギ」の開発チームに直接会って 6番目チャプターに対する話をこっそり聞いて見る時間を持った. 今年の始め、「マビノギ」のディレクターに赴任したキム・ウジンディレクターは新規チャプターの核心内容とコンテンツに対して控え目に口を割った.

img
▲ インタビューに参加した「マビノギ」開発チーム 3人
左側からカン・クンヨン企画パート長、キム・ウジンディレクター、ミン・ギョンフンコンテンツチーム長


観察者で主導者で、マビノギ新規チャプターの主人公は「ユーザー」

キム・ウジンディレクターは「ドラマ」が過去に焦点を合わせているとしたら、今度は「マビノギ」の未来がストーリーの中心だと説明した. 彼は、「ドラマシーズン2は「新しい神々の領域が開かれた」と言う方向に終決された. これをモチーブにして新しい世界で繰り広げられる物語を扱う」とし、「ドラマが既存主要キャラクターの話をプレイヤーが 三人称視点で観覧していたら、今度はゲーマーが中心になって話を導いて進む」と言った.

重要なキーワードは今回のチャプターを通じて登場するゲーム内の新進勢力、「アルバン騎士団」だ. 総 10人で構成された人々は 6番目チャプターで「ミレシアン」、すなわちプレイヤーと緊密な関係を結ぶようになる.「マビノギ」のストーリーを担当したカン・クンヨン企画パート長は、「ストーリーを主導する「ミレシアン」に一番敏感に応じる勢力が「アルバン騎士団」だ. これらと一緒にプレイヤーがもうちょっと主導的に事件を解決する方向に話が展開されるでしょう」と付け加えた.

img
img
img
▲ 'マビノギ' 6番目チャプターイメージ
(写真提供: ネクソン、この画像はまだ制作中の未完成の作品であることを通知します)


普通「騎士団」といえば、まったく同じ制服を合わせて着て出た硬い人々を思い浮かびやすい. しかし「マビノギ」に登場する「アルバン騎士団」は違う. 騎士団を成した人物一人ひとりが独特の個性を持ったキャラクターに完成される. キム・ウジンディレクターは、「2次、3次創作物がずっと派生される個性が生きているキャラクターとして作りたい」と言いながら「ゲーム内のメインキャラクター中の一つの「モリアン」がずっと続く問題になる理由は、たとえ「悪役」だがキャラクター性が確かだからだ. この点が「マビノギ」が 10年間に着実に人気を維持して来た原動力と思う」と明らかにした.

新しいボスと武器、スキルも追加される. キムディレクターは、「既存の「神聖系列」と類似の戦闘スキルが追加されて、力強いボスも登場する. 既存「マビノギ」のメインストリームボスはその場を終わらせる「最終ボス」 として登場したことと違い、今度のボスは初盤から登場する. 最初は弱くてみすぼらしかった「ボス」が終章には倒しにくい強敵に発展する過程を見られる」と説明した.

キムディレクターの言葉によれば今回のチャプターの最終ボスは既存と違いメインストリームが終わった後にもずっと登場する形態に製作される. 加えて 26日に開かれるファンタジーパーティー会場で今言った内容よりもっと詳しい情報を公開するはずだからと仄めかした.

応答せよ 2004、マビノギ 10周年テーマは「復帰」


▲ 'マビノギ' 10周年記念映像 (映像提供: ネクソン)

‘マビノギ」 10周年のテーマは「復帰」だ. メインストリームに登場したボスが総出動するイベントダンジョン「試験の洞窟」が代表的な例だ. 開発チームの目標は昔のユーザーを「呼んで来る」 水準で終わらない. キム・ウジンディレクターは、「レベルも、ゲーム期間も大きく差があるユーザー達が1ヶ所に会って疏通する場を作りたい」と言及した. 去る 6月 19日に公開された「マビノギテーマパーク」がユーザーの間疎通とともに楽しむことができるミニゲーム、公演をするとか他のユーザーの作品を見られる舞台として立てられた理由もここにある.

久しぶりに帰って来たユーザー達が簡単にゲームに適応するように助ける「フリーパーティー(仮称)」が来る 31日から開かれる. 追加インベントリ、クエスト経験値 10% 増加、才能タイトル無制限変更、小切手出金及び個人商店限度上向きなど多様なオプションが入っている「プレミアムパック」とコンボカード延長、衣装スロット延長など、一部有料商品が無料で提供される. この他にも復帰ユーザー達の早い適応を助けるようにチュートリアルとガイドを改善する部分に多い開発者たちが多様なアイディアを出している.

すなわち、利便性改善をはかるのだ.「マビノギ」のコンテンツ部門を引き受けたミン・ギョンフンチーム長は、「実はマビノギは案内が不足な方だ. 瞬間移動を支援する「スマートコンテンツ」や既存カットシーンをまた見る「図書館」 など、もうあるがよく分からなくて利用することができない機能も多い. 自由な人生を生きて行く「ミレシアン」のコンセプトを崩さない線で利便性を高める方法を工夫中だ」と言った.

プレイ環境も改善する.「マビノギ」 開発チームたちは去る 3月からマクロと作業場を遮断して、「キャラクター復旧」を試験運営している. 特に既存には不可能だった「キャラクター復旧」を利用することができるようになった点はユーザー達にも嬉しい消息だ. キム・ウジンディレクターは、「キャラクター復旧の場合、試験運営をしながら見つけた問題点を整えて一日でも早く正式で取り入れたい. ハッキングを遮断するのが根本的な解決策だが、その後に起った事を技術的にケアすることもやはり私たちの役割だ」と伝えた.

今後10年をさらに継続する力、原動力はストーリーだ

img
▲ 小説に出版された「マビノギ: ドラマ」 ストーリー (写真提供: ネクソン)

キム・ウジンディレクターは今年「マビノギ」 新任ディレクターに参席した. 次にこれから「マビノギ」に対する彼のディレクターとしての方向性は何だろう?「20周年まで行くことができる成長動力を作る」と言う覚悟を伝えたキムディレクターはその原動力が「シナリオ」にあると明らかにした. 彼は、「シナリオが基盤になって、ストーリーに付いて行って自然に戦闘とスキル、生活コンテンツを楽しむことができる有機的な組合を念頭に置いている」と言った.

言い換えれば「マビノギ」の根幹を成すメインストリームに中心を置いて、ストーリーと関連した新しい楽しさ要素を付ける形態でゲームを発展させて行きたいというのが彼の意だ. キムディレクターは、「メインストリームとチャプターを基盤とした「マビノギ」のシステムはそのものが非常にユニークだ. したがってこれを活かすのが一足前に進む道ではないか思う」と言った.

カン・クンヨン企画パート長は、「マビノギシナリオは徐々に未来に進むつもりだ.「ドラマ」を通じて過去話を整理して新しい話を始める適当な時期が来たと思う. すなわち、確かな転機に出会ったわけだ」と説明した.「マビノギ」の場合、多様なチャプターが追加されて生活型コンテンツや才能スキルが求心点なしに別に存在するような感じを与えている. したがってこれをどんなに有機的に一つとして編み出すことができるのかが、やはりカギに作用するように思われる.


http://www.gamemeca.com/news/view.php?gid=503190


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。