00000000
【墓】_(´Å`_)....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

gameabout [インタビュー]ロマン農場は、友達と一緒に楽しむ

G14以降のロマン農場に関する気がかりなことを開発陣に聞きました

マビノギアバウト家族の方々、農場の暮らしむきは良くなりましたか?

2010年12月20日、本サーバーへのロマン農場が更新されました。
ロマン農場は、マビノギの初めての個人的な空間という点をアピールして注目を集めました。
アップデートから、いつの間にか一ヶ月が経った1月中旬、農場には多くのユーザー達に好評を博して正式なエリンの生活コンテンツのひとつになってきました。

それぞれの農場が大きくなっていくだけに、今後の歩みに対しても気になるのですが。
そこでゲームアバウトはマビノギ開発室を探して、今後のロマン農場について調べました。

以下、開発陣との一問一答です。

gameabout_2043_01.jpg

Gameabout(以下、GA) : 農場について説明してください。

Devcat(以下Dev) : 農場は誰でも簡単に作ることができ、作成した後はファームストーンを採取することができる農場に入る。
説明はここまでだ。これで決定権は、農場所有者である皆さんに移る。
ファームストーンを利用して豪華な大邸宅を建てたり、畑でイチゴを育てたり、涼しい日陰のある木を植えられるのは農場主人の役割だ。
各自が夢見た色鮮やかなファンタジーライフを広げることができるところが、まさに農場である。
例えば、長い冒険を終え、いつか帰ってくる恋人のために安らぎと暖かい場所を作ることもできる。

gameabout_2043_02.jpg

GA :現在は自分の農場だけに行くことができる。

Dev :すぐに恋人や友達が自分の農場を訪れることができる。その間に農場をよく飾っておくこと願う。
逆に自分が他の農場に行くこともできる。お互いに農場を比較しながら、自分の農場をどのように飾るかを悩むのも面白いと思う。
それでも農場での競争構図を形成しようとするわけではない。高低ではなく自分だけの個性のある農場を作ってくれることを期待している。


GA :様々な農場を作成するには、施設の種類が少ない気がする。

Dev :新たな施設を開発中であり、近いうちに更新される予定だ。
今回の施設は、もっとロマンチックに焦点を置いて製作中だ。
今よりも温かな農場を演出することができる。一つ耳打ちするならば農場でエサ箱が必要になるだろう。

家の外観を飾ることができる塗装も登場する予定だ。ペイント染料を作って家に塗ることができる。
染料の色は作成次第で様々な色の家々を見ることができる。


GA :話を聞いたら輝くペイント染料もあるそうだ。

Dev :残念ながら、ピカピカの染料ではない。より個性豊かな農場を飾るという言葉で聞こえる。
新しい施設やペインティングにとどまらず、農場の個性を向上させることができる方法をずっと準備する。

gameabout_2043_03.jpg

GA :ウィルル(We Rule)や動物の森のようなゲームが連想される。

Dev :自分だけの空間を飾っていることが共通だから当然だと見て、一般的な意図もあるだろう。
しかし農場は他のケースだと考える。農場は独立した1つのゲームではなく、エリンの一部である。
したがって、その何も強制する必要がない。ゲームの進行のための部分は、すでに農場の外で行われているので農場は自分の望むことを存分に展開することとされる。

実際には、ぽつんと農場だけ作っておいても意味があると考える。
ある日、その場所を訪れた誰かにとっては装備を整備して行くことができる大事な空間になることもあるからだ。
土地の一つ一つがエリンの一部として大きな意味があり、様々な農場が生まれるほどエリンも大きく、多彩になると考える。


GA :農場に対するユーザーの反応はどのように見ているか?

Dev :多くの意見を受けた。肯定的な話も多く、大きな力になる。
改善点や不十分な部分についての意見も募集しており、可能な限り反映して農場を補強する計画だ。


GA :新しいコンテンツは、いつアップデートされるのだろうか。

Dev :十四番目ジェネレーションシーズン2で、補強された農場をアップデートする計画だ。
現在の農場にはいくつかの課題がある状態であり、優先順位に基づいて開発を進めている。
最優先の開発は、農場の友人訪問からだ。

gameabout_2043_04.jpg

GA :これからの農場は、どのようになる予定ですか?

Dev :現在の農場は3,4種類の色の絵の具で飾ることができる空間だと思うし、もっとたくさんの色の絵の具が準備される。
これからの農場は、農場所有者の人たちにかかっていると思うし、自分の農場を存分に飾って欲しい。


게임어바웃 양재모(라티오) 기자 ratio@

http://mabinogi.gameabout.com/news/view.ga?news_id=2043


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。